↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    「Guin 40」 あなたと、想い
    11:23
    サイロンの1年で一番美しいといわれている季節。
    長い寒に耐えたあとの人々のこころも季節とともに緩む。

     *

    シルヴィアは、なにかにつけグインを伴った。
    宮廷雀のささやきも耳には入らない。
    いつだって、勝手気儘を通してきた。

    ところがある日、
    類稀なる美貌の男が現れ――


    続きを読む >>
    0
      | 2011.07.11 Monday |   ・Guin | comments(0) |

      「Guin 39」 デンを探せ 
      00:01
      トーラスに落ち着いたマリウスに、カロン達が話を持ちかけた。(p.13)
      保護した男は、イシュトヴァーン将軍に
      関係があるのではないか、良い考えがないか、と。
      自分の知るイシュトと
      本当に同じ人の話を聞いているのだろうか?
      自分の耳を疑った。

      決意の朝、彼は見たのだった―― (p.134)

      *

      続きを読む >>
      0
        | 2011.05.22 Sunday |   ・Guin | comments(0) |

        「Guin 38」 待ち人・・・来たらず
        00:35
        ロイヤルウエディングに沸き立つパロ。

        ナリスとリンダは、パロ聖王家のしきたりに従い、
        彼らの役割を果たしていく。

        各国の使節と挨拶を交わすが、
        最後の最後まで、
        かつてのパロの真珠の守り神は、現れなかった。

        その訳は――

        *

        続きを読む >>
        0
          | 2011.05.07 Saturday |   ・Guin | comments(0) |

          「Guin 37」 素顔をみせて
          16:50
          クリスタル公アルド・ナリスと王姉リンダの婚約により、
          パロ全土は祝賀ムードに覆われる。

          超多忙の身の上であったナリスも、
          長い休暇を与えられ、リンダと過ごす時間が増えた。
          互いにじゃれるように牽制の言葉をわざと言ってみたり――

          リンダは、ナリスの性質を知り理解する。
          今まで知らずにいたナリスの交流者たちにも会うのであった。


          続きを読む >>
          0
            | 2011.04.18 Monday |   ・Guin | comments(0) |

            「Guin 36」 わが剣を受けたまえ
            00:01
            戦のない退屈な日々は、イシュトヴァーンの心を蝕んでいった。

            「 俺は、デンたちと会いたい 」
            そうすりゃあ、この気持ちも晴れる――に違いないと・・・

            「 明日の夜ここで 」
            そう言い交わした、その夜が来るまでに
            カメロンがトーラス入りしたのだった。



            続きを読む >>
            0
              | 2011.04.01 Friday |   ・Guin | comments(0) |

              「Guin 35」 待ってる
              00:03
              イシュトヴァーンは、イライラしていた。
              動かぬ戦局と、周囲の者たち
              −−そして自分自身に。

              彼は、ともに楽しくやってきた仲間たちと
              早く会いたいと思っていたのだが・・・

               *
              トーラスで、アリストートスは手を打っていた。
              クムのタルーともかけ引きをしていた。

              モンゴールのためであるが・・・


              続きを読む >>
              0
                | 2011.02.25 Friday |   ・Guin | comments(0) |

                「Guin 34」 どちらを選ぶの?
                00:15
                パロ、クリスタル。

                リンダは、今日も青白い顔で、スニに話す。
                スニは、リンダの言葉を理解しようと熱心に耳を傾ける。

                 *
                ナリスが、リンダに一報を持ってくる。
                リンダは、耳を塞いだ。

                リンダに思いを寄せるアウレリアスは、決闘を申し込む。


                続きを読む >>
                0
                  | 2011.02.19 Saturday |   ・Guin | comments(0) |

                  「Guin 33」 遠い・・・誓い・・・
                  17:32
                  あの誓いは、夢?幻?
                  そう思えるほど、イシュトヴァーンには遠く感じられた。
                  こころに抱きあったあの温もりは、
                  小さな灯火となって、消えて・・・
                  いや、消さなくては前に進めない。

                  「俺は、光の公女を手に入れて、玉座につく」

                  その目的も、身の丈に合わない身分も
                  どうでもいいような気がしてならない。

                  「俺は、俺らしく生きたい」




                  続きを読む >>
                  0
                    | 2011.01.17 Monday |   ・Guin | comments(0) |

                    「Guin 32」 運命の采配
                    00:32
                    モンゴールのアムネリスに、加勢は来るのだろうか?

                    数の上でも、上回りたい。
                    タルー軍は、迫ってきている。
                    トーラス駐留軍との挟み撃ちでは、困るのだ。

                     *
                    睨み合いを続けるわけには、いかぬ。
                    イシュトヴァーンは、打って出た!



                    続きを読む >>
                    0
                      | 2010.12.31 Friday |   ・Guin | comments(0) |

                      「Guin 31」 誓うは、我が心意気
                      00:01
                      アムネリスを旗頭にしてモンゴールを奪還しよう。
                      その目論見の実現を前にして、
                      イシュトヴァーンは考えに沈むのであった。

                      自分の選ぶ今は、正しいのであろうか、
                      この賭けのサイは、良い目に出るのかと。

                        *
                      アムネリスの世話を焼くフロリーは、
                      赤い盗賊の首領の動向がとても気になっていた。
                      容貌だけでなく、その態度所作にも目が離せないでいた。


                      続きを読む >>
                      0
                        | 2010.12.03 Friday |   ・Guin | comments(0) |