↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< 「Guin 41」 包囲網を解け | main | 「w*k」 気力は? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    「w*k創作」 side-006 出会いまたはきっかけ
    00:03
    >> はじめに、ご注意事項。
       ・自分的に、やんちゃ設定ありの方向で継続中。
       ・よろしゅう<(_ _)>

    -----------
    時は、遡る――


    学内を巡る古びた階段を、彼らは降りていった。
    今日の講義はさっきので終わり、
    顔を突き合わせてみようという話に纏まったからだ。


    「おっと、危ない。」
    「アン、どうしたんだよ?」
    「何かに躓いて……」
    「って、それ人じゃん?」
    ふたりは、転がっているそれを見て、顔を見合わせた。

    「どうしたんだ、お前ら?」
    後から来ていたゼンが、訝しい目を向ける。
    「これ?」
    ヤスの指差す下を見る。
    「お前らがしたの?」
    「まさか?」

     *
    転がってるヤツを揺さぶる、が反応は無い。
    ただボォーッとしてるようだ。
    「お前、歌、歌える?」
    ただ聞いているかどうか知りたかったアン。
    「アン、止めとけ。…」
    ゼンが止める。
    コクッと頷いたような気がして、見る
    がこっちに目を向けようとしない。

    「お前、何かあったの?」
    好奇心に駆られ、ヤスも声を掛ける。
    「ヤスも、放っておいてやれ。」
    ヤスはしゃがんで、彼を覗き込む。
    「コイツ、泣いてる。」
    「嘘だろ?」

    「俺、ジュース買ってくるわ。」

     *
    「お前も、飲め。」
    階段に並んで座って、ゼンが缶を手渡す。
    「……え?」
    その頃になって、ようやく取り囲まれている事を知った、
    彼は驚いた。

    「え?じゃないだろ。俺達ずっと傍に居たぜ。」
    「あ、すみません。」
    「ハンカチくらい持ってないのか?」
    「どうして?」
    「男が涙なんて、恥ずかしいだろ。」
    そう言われてはじめて、自分が涙を流していた事に気づく。

    「お前、名前は?」
    「……村。」
    「聴こえない。この紙に書け。」

    「なんだ、シンムラか。――じゃ、シンだな。」
    「あの…」
    読みが違っている、と訂正しようとするが。
    「シンか。いい感じ。」
    「ええと…」
    「コイツら、その気になってるけど。大丈夫?」
    「何の事ですか?」

    「俺達のジュースも受け取ったしな、付き合え。」

     *
    同じような扉の並ぶ建物の一角の部屋に、
    ぞろぞろと入っていく。

    「ここは?」
    「俺達の活動場所。同好会やってるんだ。
    今日、困ってることがあって、聞いてくれるよな。
    ボーカルが足りないんだ。
    俺達演奏するから、合わせて歌ってみてくれよ。」
    「急に言われても、オレのほうこそ困ります。
    このような活動はした事がありませんから。」

    ギターがスタンドに立て掛けてある。
    部屋の奥には、ドラム一式がある状況。
    それを、横目に司は言った。

    >>side-007に続く

    --------------
    登場人物>>
     シン(新村司) … 大学1年
     アン(安藤)
     ヤス(安田)
     ゼン(善岡)

      注) 登場人物名は、基本設定とは異なります。

    --------------------------------------------
    >>つぶやき 
     脳内整理のため、書いてます。
     

      言葉足らずな部分は、脳内補てんしてくださいませ<(_ _)> 
    ----------------------------------------------------------
    0
      | 2011.08.23 Tuesday |     [w*k2次創作]side | comments(0) |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |
        Comment