↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< 「つぶやきといふ名の日記」 ぷちっ・・・ | main | 「w*k」 おえかき整理? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    // N // 276
    23:36
    // 住まい先 sumai saki //

    赴任して来て、初めての週末が終わった。

    定時よりも早く、インターグレ・ミケールの事務局に入る、
    と既にラファエルは、席についていた。

    「フィーリンガードさん、おはようございます。」
    「おはようございます。慣れましたか?」
    「1日のリズムは、取れてきました。」
    「そう。それなら良かったわ。貴方のお探しの件だけれど。」
    「見つかりましたでしょうか?」
    「条件は幾つかつくのですけれど、もしよければ紹介します。」
    例えどんな条件が付いたとしても、
    アルベルトには、選り好みはできない現状であるのに変わりない。
    「是非、お願いします。」



    **

    理事会館に持ち込んだ多少の荷物の移動もあることと、
    定時を過ぎても続く仕事の兼ね合いで、
    アルベルトの引っ越しは、次の週末になった。

    当日、雨が降らなかった事は、天の助けであった。

    「フィーリンガードさん。今日はお休みのところ、
    お付き合いくださりありがとうございます。――
    それにしても、大きなお邸ですね。」

    ダンテ邸を前にした印象であった。
    ミケールの町の中心、商店の集まる所とは、また違った趣である。
    この地方では見られないような色合いのそれは、とても目を引いた。
    漆喰の壁に、要所要所に煉瓦が埋め込まれて、
    その赤が、何かを主張しているようでもあった。
    まるでアン・ダンテ、その人のように――

    「ダンテ家の財力を持ってすれば、小さい方でしょうけどね。
    ――まあ、使用人達も居るので、全てを使って良いとは
    言えないですけど。」
    「いえ、当地を勧めて頂いて、部屋をひとつお借りできる
    だけでも、有難いです。――ミケールは、許可がないと
    新しい建築も出来ないと、聞いた時には驚きました。」

    「そうなのよね。古い建物も簡単に取り壊すことも
    景観を壊すといって禁じられているの。――
    インターグレ開設にあたり取り決められたと聞くわ。
    その当時の国王家のお達しが、未だに守られているという形ね。
    このあたりの土地は、ジョルジュ家のものだそうよ。」

    「ジョルジュ。――私の母方の姓と同じですね。」
    「あら、ご存じなかったの。そのものよ。」

     *

    「ご用があれば、遠慮なく言ってくださいね。
    これは、ハインツの旧友としての申し出よ。」
    「こちらのしきたりなどがありましたら、先にお教えください。」
    「主不在の邸だから、さほど厳しくしないつもりだけれど。
    貴方の実家の対応と同じで良いわよ。」
    アルベルトは、とても困った顔をした。

    「どうかして?」
    「私の家の風習は、特異な偏りもありますので…」
    「あら、そう?……ならば……
    これを預かっています、忘れないうちに渡しておきますね。」
    ラファエルは一瞬、隠しから取り出した封書を嫌な顔で見て、
    それをアルベルトに手渡した。
    「ご当主からですか?早速、拝見します。」


    「細々とあるんですね。分かりました。――
    貴女とあまり親しくしないように
    ……とは、どうしたらよいのでしょう?」
    「仕事に差し支えるので、その部分は私が修正しましょう。
    後々問題にされる前に、手を打っておくに限ります。」


     *

    「今ひとつ、お尋ねしても良ろしいですか?」
    「何かしら?」
    「フィーリンガードさんは、我社アドリビとどういう関係
    にあるのですか?」
    「聞いてこなかったのね。いいわ。話せば長くなるから、
    食事を採りながらにしましょうか。」


    --------------
    <ツブや記>
     

    登場人物>>
     アルベルト・シュクール
     ラファエル・フィーリンガード

    -----------------
    0
      | 2011.06.15 Wednesday |   ・// N // | comments(0) |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |
        Comment