↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< 「w*k創作」 057 ズルイ言い分1 | main | 「w*k」 変わった・・・のか? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    「小さな世界」 パターン2 一輪の花
    01:32
    その花の、名前は知らない。

    荒れ果てた土地の、小さな小さな草叢に、
    たったひとつ、蕾をつけた草が生えていた。

    その草は、この辺りでは見ない種であった。

    踏まれても、誰も気づかないくらいの、
    細い細い枝葉を持つ、ひょろひょろっとした草。

    その草には、胡麻粒ほどの、小さな小さな膨らみがあり、
    その膨らみは、その刹那、
    弾かれたように、ひとひら開いた。
    まだ、何枚の花びらを持つのかさえ、わからない。

     *

    「花よ。君の名前は、何ていうの?」

    花は、恥じらうように赤みを増しただけで、
    何も語りはしない。

    花は、自分の名を知らないのかもしれない。
    僕が、仮そめの名をつけてもいい?
    君は、やはり何も答えてはくれない。

    僕が知っている種の花の名前は、
    誰かが勝手につけて、そう呼んでいるにすぎない。
    それは、わかっている。

     *

    次に、君がこちらを見てくれた時にでも、
    君に名をつけてあげられないかと、思ってみたりもする。

    君が、僕に、
    インスピレーションを与えてくれるのを、
    ただ、待ってみよう。


    僕の、砂漠に咲く花を、
    僕は、愛でよう。


    ---------------------------
    <つぶやき>
     パターン1に続き、小品として、
     インスピでポエムめいたものを書いてみた。
      ただ、それだけ。(笑)
    ----------------------------
    0
      | 2011.06.08 Wednesday |   ・迷走創作 | comments(0) |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |
        Comment