↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< 「漫画」 存在の意味 | main | 「w*k」 何かが、変わりつつある? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    「小さな世界」 パターン1 見上げる
    02:14
    その日、俺は空を見上げていた。
    月や星が、取り立てて好きだと思ったこももないが、
    他にやることを、何も思いつかなかったからだ。

    今日、家を追い出されて、
    大した所持金もなく、他に頼る当てもない。

    行き着いた公園のベンチで、
    失望に俯いているのだけは避けたかったから、

    とにかく――

    上を見た。
    顔を上げると、そこには、空しかなかった。

    都会と言われるに相応しい街の喧噪も聴こえず、
    高いビルディングも、街の明かりも、目に入らなかった。

     *

    その日俺は、空を見上げた。

    何故か、目頭が熱くなって、
    俺の目には、ぼやけた世界しか映らない。

    頬が、冷やりとする。
    いつの間にか、溢れたものが、頬を伝って落ちた。

    そんなことも、気づかずに――

    俺は、失ったすべてのもののことを、
    今は忘れて、

    ただ、空を見上げていたのだった。

     *

    空は、
    何も、語り掛けてはくれやしないけど、
    俺の心の奥底に、やすらぎを与えてくれた。

    今は、何も考えないでいいんだ。
    それだけが、有難い。

    俺は、ただ見上げる――


    ---------------------------
    <つぶやき>
     最近の自分の創作に疑問を抱きつつ、
     インスピでポエムめいたものを書いてみた。
      ただ、それだけ。(笑)
    ----------------------------
    0
      | 2011.05.29 Sunday |   ・迷走創作 | comments(0) |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |
        Comment