↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< 「w*k」 そこに立ってないで | main | 「つぶやき」 ゆれないで・・・  >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    「創作」KEY-ゴードン- *Key number 2*
    00:01
    マティス「城に戻るぞ。クラウディア。」

     マティスは、カティスとの会見を終え、控えの間に戻った。
     マティスの知らないうちに同行してきてしまった娘の名を呼んだ。
     が、返事はかえってこない。
     指示があるまで待つように言って聞かせておいたのだが――

    マティス「姫は、どこだ。探してまいれ!」

     寝ぼけ顔の従者が、慌てて立ち上がり、城内の探索にでた。


    **
    クラウディア「こんにちは、ジュリアス様。ご機嫌麗しゅう。」

     ドレスの裾を軽く持ち上げて、クラウディアは言った。

    ジュリアス 「君、誰?」

    クラウディア「クララです。コネチカットの。」
    ジュリアス 「コネチカット。ということは、君はクラウディア?」
    クラウディア「そうです。」
    ジュリアス 「君が。……今日来訪の予定は聞いてないけど。」
    クラウディア「父様が、おじ様に面会しています。クララ、
      ジュリアス様にお会いしたかったので、ついて来ました。」

    ジュリアス 「そう、よく来てくれたね。でも、
      お付の人はどこにいるの?」
    クラウディア「え?どうしてですか?」
    ジュリアス 「ここは僕たちの城だから、勝手な行動をされる
      と困るんだよ。いくら婚約者殿でもね。早く戻りなさい。」
    クラウディア「いやです。せっかくお会いしに来たのに。」

     クラウディアは、ジュリアスの腕をつかんだ。

    ジュリアス 「何をする。はしたない。マナー違反だ。
      手を離して。人を呼ぶよ。」

     クラウディアの目にみるみる涙が溜まってきた。

    クラウディア「ジュリアス様は、クララがお嫌いなのですか?」
    ジュリアス 「嫌いとか好きとかの問題じゃない。
      "相手が腕を差し出してもいない"ってところが、
      いけない行為だと言っているの。習わなかったの?」

     クラウディアの目じりに溜まった涙が、頬に一筋落ちた。

    ジュリアス 「ごめん、言い過ぎた。でも基本マナーだから
      覚えておくんだよ。クラウディア姫、お手をどうぞ。」


    **
    ジュリアス「おじさま。こちらでしたか。」
    マティス 「ジュリアス王子、お久し振り。
      クラウディア、どこに行っていたんだ?」

     クラウディアは、さっとジュリアスの後ろに隠れた。

    ジュリアス「怒らないでいてあげてください。僕の顔が
      見たかったそうですから。でも、今度会うまでに、
      僕のためにマナーを身につけて頂きたいです。
      僕と面会したことは父は知らないです。
      次にお会いする時を、初対面としましょう。」

     微笑んだジュリアスを見て、安心したクラウディアは、
     父の傍らに寄り添った。

    マティス 「悪かったね、王子。クラウディア、お心の広い方で
      良かったね。君の姿が見えなくて、肝を冷やしたよ。
      勝手な行動は、今後一切禁止だぞ。」

     自分に都合の悪いことばかり言われるものだから、
     とうとうクラウディアは、俯いてしまった。
     その目線の下を、ジュリアスは子供らしい仕草で覗き込んだ。

    ジュリアス 「クララ。また来てね。」
    クラウディア「うん、ジュリー……」

     ジュリアスは重ねて言った、クラウディアを励ますように。


    ------------
    つぶやき>
     N番外編です。
     ブログカテゴリの表示は、略していますが、
     タイトルは『N-SIDE-STORY KEY-ゴードン-』です。

    登場人物>
     ジュリアス・ゴードン … 愛称、ジュリー
     クラウディア・コネチカット … 愛称、クララ  
     マティス・コネチカット … クララの父

    -------------
    0
      | 2011.04.08 Friday |   ・NSS KEY-ゴードン- | comments(0) |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |
        Comment