↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< 「アニメ」 割れたのは、鏡なの? | main | 「日記」 青鬼ですとっ? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    // N // 259
    00:05
    // 掲示をみました keiji wo mimasita //

    スエンセンは、更に話を堀下げていた。

    「調査日と場所、所要時間を押さえて置く事にしよう。」
    「協力者の募集に、最低2週間。その後、あたりになりますよね。
    調査設定日は、チームメンバーが集まっているこの時間を当てる
    のが無理なく妥当ですね。」とルイス。
    「演奏時間と記述時間を考えに入れると、通常の1.2倍位の時間は
    いるでしょう。2時間と30分位に収めたいですね。それ以上かかる
    となれば、お互いに疲労してしまいますし。」とコンコルド。

    「2時間の内訳は、どうなりますか?」とアルベルト。
    「メンバー4人居るわけだから、単純に分配すると30分ずつになるね。」
    「とは言っても、基本は、ピアノ、ヴァイオリン、フルートの3楽器に
    なるから、ソロ10分、そのソロを生かしたアンサンブル10分、
    アンケート10分の合わせて1時間半。
    後の1時間は、音楽だけ楽しんでもらうのはどう?」とコンコルド。
    「ああ、それならギブ&テークのようなものだね。」とルイス。
    「前半はアンケート協力で、後半はアンケート協力に感謝を込めて、
    という感じになりますね。」と、アルベルト。
    「良いんじゃないか。具体的には?」とスエンセン。

    時間の許す限り、アイディアを出す、話し合いは続いた。


    **
    構えていたヴァイオリンをケースに仕舞い、
    カットナルは、ギャンティの机の傍らに立った。

    「ギャンティ教授。近頃ルイス先生をお見掛けしませんが?」
    「ルイス君……彼は、私以上に多忙にしている。
    本科のレッスン数も増え、研究にも力を入れているよ。」

    「研究ですか?」
    「ああ。彼は、スエンセン・チームだからね。あのチームは、
    期待が高い分、必ず結果を出さなくてはならない。
    チーム長がやると言えば、彼は断らずにやる。
    私は、そんな彼の一本気さは嫌いじゃないけどね。
    ここに居るべき彼が、本来の活動の中心を横に置いておいて、
    別枠の仕事をしているのは、寂しい限りだよ。」

    「スエンセン・チームと言えば、何やら掲示してありますね。
    調査協力者求む!とか何とか。一体何をするんでしょうね?」
    「さてね?詳細の報告は受けていない。
    もし、トバイ君、君の耳に入ったら、また教えてくれ給え。」
    「はい。ギャンティ教授。僕は、これで失礼します。
    レッスン、有難うございました。」

    思ったほどの収穫まないまま、
    カットナルは、ギャンティのレッスン・ルームを後にした。


    *
    くしゅん。ルイスは、くしゃみの後、身震いをした。
    (寒さがましたかな。夜は早仕舞いするとしよう。」

    ノックの音に、手を止めた。
    「入って。」

    ルイスの準備室のドアを開けたのは――

    「こんにちは。ルイス先生。今、よろしいですか?」
    「トバイ君。こんにちは。何かあったの?」
    「ギャンティ教授のところへは、行かれないのですか?」
    「どうしたんだい、急に。私は、毎朝ご挨拶に伺っているよ。
    流石に、レッスン生全員と顔を会わせるのは難しいけれどね。
    ――それが、何か?」

    「時々でも、ルイス先生にお会いできないのは寂しいですよ。」
    「そう言って貰えるのは、嬉しいけれどね。…」

    「今日伺ったのは、貼り紙の事です。」


    --------------
    <ツブや記>
    次々回のN261で、しばらく//N//の更新はお休みです。


    登場人物>>
     アルベルト・シュクール … 学生 研究員 スエンセンの教え子
     カットナル・トバイ … 学生 ギャンティの教え子
     アントニオ・ルイス … 教員 研究員 ギャンティの教え子
     ロマリオ・コンコルド … 教員 研究員 ダンテの教え子
     ジュリアーノ・スエンセン … 教員 研究室長
     ギャンティ … 教員

    -----------------
    0
      | 2010.11.25 Thursday |   ・// N // | comments(0) |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |
        Comment