↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< 「アニメ」 その少年の輝きは、瞳の煌きに似て  | main | 「漫画」 巣立つ子供ぉ??? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    // N // 251
    00:06
    // ふたり、だから futari, dakara //

    秋も終わろうとしているのに、
    今日は、春を思い出させるような陽気で。
    彼が目を閉じる姿を目に映してから、
    小川のせせらぎを聴いていた。
    まるで時が止まってしまったような感覚に、
    もう一度、彼が隣に居る事を確認する。

    (今は、ひとりじゃないよね?)

    「ニコ……」
    クリスティーヌは、小さく声を掛けた。
    「何、クリス?」

    囁(ささや)きほどの声も、
    彼には聴こえているのだ、と知る。

    「何でもないないわ。」
    「そう?」
    「あ、でも…」
    「でも、それから?」
    「せっかくふたりになれたんですもの。お話したいわ。」
    「じゃあ、君から話してみて。」


    *
    「ねぇ、ニコ。風が少し出てきたわ。そろそろ…」
    静か過ぎる――と、彼の様子を窺う。
    頭の後ろで腕を組んだまま、寝息を立てていた。
    (言わない事では、無いわね。)
    バックから、折り畳んで仕舞っておいたショールを取り出して、
    彼の身体にそれを掛けると、
    彼の身は、少し横向きになった。

    「ニコ、気をつけてくれないと。
    風邪でも引きようものなら、私もお叱りを受けてしまうわ。」
    小声で言った後、彼の頬にチュッとキスを落とした。
    顔に掛かる彼の少し乱れた髪を、そっと手で整える。

    毎日のスケジュールを考えると、疲労が重なるのは道理。
    (私のしてきた逃げという行為が、
    ニコを、より疲弊させていたのかもしれないわ。)
    (ふたりきりなのだから、もっと語らいたいのに……)

    「冷たい風が吹く前に、起きてね。」
    彼の耳元で囁いた。
    眠りを妨げないでおこう
    という気持ちも無くは無かったけれど。
    本当の気持ちはは、早く目覚めて欲しかったから。

    *
    「ねぇ、…ニコったら、ねぇ……」
    クリスティーヌは、手をそっと彼の頬に当てた。
    その手は、もう一つの手につかまれた。
    「クリス、冷たいよ。」
    彼は、彼女を見上げた。


    「ごめん。眠るつもりじゃなかったんだけど…。ほんと、ごめん。」
    アルベルトは、彼女のすっかり冷えてしまった手を両手で包み込んだ。
    「もう少し、早く起きて欲しかったわ。」
    些細な意地悪を試みるクリスティーヌ。
    「退屈なのは、嫌。」
    心に仕舞っていた本音が漏れた。
    彼の目が真っ直ぐに彼女の目を捉える。
    バツが悪くて、彼女は視線をずらす。

    「それは、僕がつまらない人間だからだね、クリス。」
    彼には、思い当たる節があった。
    「違う、ニコはつまらない人じゃない。――
    そうじゃないわ。私が、寂しかっただけ…」
    「ごめん、ほんとごめん。気づいてあげられなくて。
    初めに言った通りだから、何でも言ってね。」
    彼は、微笑んだ。

    「ニコ、睡眠足りてないの?」
    クリスティーヌは、気になっていた事を口にした。
    「ここのところ課題が押していて、少し睡眠時間削っていた。
    昨夜は、多めに片付けた。――
    今日が、待ち遠しかった。君と少しでも長く居たかったからね。」
    「だけど、寝ていたわ。」
    「君は…、痛いところを突くね。弁解の余地も無いよ。
    君が僕を必要としてくれるなら、僕は君を独り占めできて嬉しいけど。」

    「そういう意味で言ってる訳じゃ…」
    「どういう意味?教えて。」
    「ニコの意地悪。」
    彼女は、再び視線を逸らした。
    彼は、彼女の肩を掴んだ。
    「逃げないで、僕のクリス。ごめん、悪かったよ。」
    彼女の頬に頬寄せ、彼は耳元で囁いた。


    --------------
    <ツブや記>

    登場人物>>
     アルベルト・シュクール … 愛称、ニコ
                   (特定の人のみ。通常、アル)
     クリスティーヌ・リッチモンド … 愛称、クリス

    -----------------
    0
      | 2010.10.21 Thursday |   ・// N // | - |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |