↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< ピース8 ・入園準備・ | main | 今更ながら注目! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    ピース9 ・呼び名・
    09:48
    ユウが『マモちゃん』て呼ばなくなったのは、いつからだろう?

    「森村くん、おはよう。」
    「?」なんて言った?
    じっとユウを見返す俺。

    「…聞こえなかった? おはよう。」
    「ぁ、おはよぅ。」
    「どうかしたの?」
    「って今、変な感じしてな。」
    「…森村くん?」
    「それ、それだよ。何か調子狂う。」
    ユウは、しばらく黙ったまま。

    「ごめん、なんか悪いことした?俺。」
    ただ首を振るユウ。
    家の前での沈黙。
    真っ直ぐ俺を見て、
    「勝手なんだけど、今日から『森村くん』って呼びたいんだ。」
    「どうしてだよ?」
    「クラスの女子とかいつも一緒に来るから怪しいって言うの。
    私達って幼馴染でしょ、だからって、学校とかの中ではなんとかちゃんとか言うのちょっと恥ずかしくなってきたんだ、………ごめんね、マモちゃん。」

    こころに隙間が開いたような気がした。
    でも、ユウが悲しむのはもっと辛い。
    「ユウがそうしたいんなら仕方ないな。わかったから、顔を上げて、いつものように…(笑ってくれよ。)」
    なんだかしわがれた声になっていた。
    「先行ってて、俺忘れ物したから。」
    0
      | 2008.07.28 Monday |   ・彼と私。 | - |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |