↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< // N // 157 | main | 「G日記」 お前になら・・・ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    // N // 158
    21:26
    // 疑惑4 giwaku 4 //

    切られた。
    しばらく、受話器を見つめていた。

    問題は、持ち越し…か。

    **
    << 掛け直すのは、早朝に限る? >>

    「はい、アドリビでございます。」
    ハインツはどの社員よりも早く出社していた。
    営業時間前であるにも拘らず、1コールで電話に出た。
    「おはようございます、父様。」
    「どうした?やけに早いじゃないか。」
    「昨夜、話せなかったので、お知恵拝借したい事が。」
    「まわりくどいな。何だ?」

    「我が家から出す手紙は、どの様に処理されるんでしょうか?」
    「執事の管轄だ。行き先を区分して、出させている。」
    「では、直接聞いてもいいでしょうか?」
    「何を?」
    「書簡がどのポストに投函されたか、です。」
    「駄目だ。」
    「何故です。」
    「時間の無駄だ。家内の事を、詳しくは、ここでは言えない。」
    「では、父様の指示で執事が秘密裏に処理した、
    ということでしょうか。」
    「そういった事は、しない。」
    「では、届いたものは、どうなりますか?」
    「執事が区分して、各人に手渡す事になっている。
    家事の細かい事は、職場では迷惑だ。
    家に掛け、ジョーに調べさせろ。」
    「了解しました。朝早くから、ご指導ありがとうございました。」

    **
    << 頼みの綱は、母様? >>

    「アル、昨夜の用事は、何だったの?」
    「母様、調べていただきたい事があります。」
    「何かしら?」
    ダニエルとのいきさつを話し、
    父とのやり取りを話し、
    アルは、調査して欲しい事柄を伝えた。
    「解りました。調べるのに時間が掛かるわ。
    また、明日にでも電話してくれるかしら。」
    「はい。頼りにしています、母様。」

    気持ちよく、引き受けてもらったので、
    電話を借りた事務局に、礼を言って、表に出た。

    *
    << だって、気になるんですもの >>

    日中は、学業に専念する事にしよう。
    そう思いながら、まずスエンセンの研究室に顔を出す。
    「遅かったね。」
    と普段なら、声が掛かるはずが、教授は席を外してるらしい。
    『少し出てくる。普段通りで頼む。』
    というメモが残してあった。

    コンコンコン。
    「はい、どうぞ。」
    ノックの音に気づき、ドアを開けた。
    「うぁ。」
    「おはよう。フラン。来てくれたの?」
    「おはようございます、お兄様。変な声出して、ごめんなさい。」
    「構わないよ。お入り。」

    「教授は、いらっしゃらないのですか?」
    「みたいだね。僕も今着たばかりなんだ。」
    「用は、教授にかな?」
    「いいえ。お兄様に。」
    「そう。何かな?」

    「この間の事ですけれど…」
    「おねだり?それとも…」
    「数日前の事です。ダニエル様と、何か話されていたでしょう?」
    「ああ、あれね。君も気にしてくれていたの?」
    「疑惑が何とかって言われて、
    それきりお見かけしないものですから、気になって。」
    「そう。――フランが気になってるのは、ダニエル?」
    その一言で、フランは真っ赤になって黙り込んでしまった。

    *
    <<  私に、任せてね  >>

    「アル、あなたの署名のある手紙は、屋敷には残っていないわ。
    あと、あなた宛の手紙だけど、見つけたわ。届いた段階で、
    急がない箱に振り分けられたままに、なっているようだわ。
    あなたの顔を見かけないままに、放置されたみたいね。」
    「そうですか。届いてる手紙を送ってもらえませんか。」
    「じゃあ、送るわ手筈を整えますね。
    係りの者達を責めないでくれて、ありがとう。」
    「いえ、それはその時々に尋ねなかった僕の責任でもありますから。
    ありがとうございます。母様。
    お手数お掛けして、すみませんでした。」
    「あなたの為なら、何でも出来てよ。
    フランの事も気に掛けてやってね。」
    「はい。心掛けます。また、連絡します。」


    --------------
    <ツブや記>
    アルの郵便事故疑惑は解決。(めでたしめでたし
    しかし、新たなる疑惑が発生!?(疑惑とはイワン;;
    「フラン、どうしたの?」(それは・・・
    0
      | 2009.12.04 Friday |   ・// N // | - |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |