↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< 「漫画」 とびっきりの笑顔 | main | // N // 158 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    // N // 157
    20:42
    // 疑惑3 giwaku 3 //

    来ない返事を待っていなかった訳ではない。
    自分が忙しいからと
    あえて触れずに来た事だった。

    悔いが残る。
    やっと出会えたのに、
    もっと話しようはあったはずだった。

    疑惑が浮かんだから…
    と、ダニエルは言った。
    その事が、引っかかっていた。

    自分にも責任がある。

    *
    自分は、城に帰るなりすぐに手紙をしたためたはずである。
    ミケールからも、サウスシュテディからも、
    近況報告のようなものを出した、はず…。

    たった1年の間の記憶だというのに、なんて心許ないのだろう。
    出した手紙が手元にあるわけでもなく、
    内容を証明するものもない。

    自分は、どの様に手紙を出したのか?
    ミケールからは余り出せなかったが、事務局を通して。
    低い可能性として、郵便事故も考えられないわけではない。

    そういえば、他の時はいつも執事に投函を任せた。
    それならば、確認するすべがある。
    業務日誌を調べればいい。
    けれど、あまりにも個人的なので、問い合わせるのを躊躇った。

    父に意見を聞いた方が良いのだろうか?
    詰まらん事、ばか者と言われても、筋かもしれない。

    そもそも、疑惑って何だ?
    ダニエル…

    **
    << アルは手始めに、事務局を訪れてみた。 >>

    「フィーリンガードさん、お忙しいところすみません。」
    「あら、シュクールさん。どうしました?」
    「個人的な用件で、申し訳ないのですけど。
    ここのポストから投函したものの中で、
    未着とかの事故があったりしますか?」
    「そんな事は、創立以来無いはずよ。
    インターグレ・ミケール・ポストオフィスの消印がある物は、
    未着が許されないから。事故等なら真っ先に一報が入る仕組みなの。
    入学許可証の発送が、その最たるものだわ。
    …何か不都合でも?」
    「僕から差し出したものが、届いた事がないと友人が言うので、
    気になって。でも、こちらから発送されているなら、
    見当違いな質問でした。すみません。」
    「そう。お力になれなくて、ごめんなさいね。」
    「ありがとうございました。失礼します。」

    *
    << その夜。 >>

    リーンリーン。
    「はい、シュクールでございます。」
    「母様?」
    「アルベルトなの?」
    「お元気ですか?」
    「変わりないわ。どうしたの?何か困ったことでもあって?」
    「お声が聞きたくなって。」
    「あら、嬉しい事を言ってくれるわね。
    でも、本当の事を言わないと、駄目よ。」
    「すみません。わかりますか?」
    「そりゃあ、私達の大事な子供ですもの。
    待ってね。ハインツ、アルからよ。『居ないって、伝えてくれ』」

    ジョーは、ハインツに受話器を手渡した。
    「丸聴こえですよ、父様。」
    「ちぇっ…今、良いとこなんだから、掛けて来るな。
    普段連絡なんて滅多と入れない息子からの電話なんて、
    どうせ、ろくな事じゃない。」
    「酔ってらっしゃるのですか?」
    「まさか。お前の方は、どうだ?」
    「幸せの一部が、破壊されました。」
    「婚約破棄でも、されたのか!?」
    「悪い冗談は禁止です。僕達は、上手くやってます。
    でも最近、フランは元気がありません。」

    「フランが、それは一大事だ。すぐ行こうか?
    『あなた、明日は外せない、お仕事じゃありませんの?』
    痛ててて、ジョー放してくれ。『嫌です。』」
    「話を…聞いてくれませんか。」
    「すまん。また、掛けてくれ。」
    「待って…」

    ガチャ、と耳元で切れる。
    あ〜 母様ぁ…

    --------------
    <ツブや記>
    アル、踏んだり?蹴ったり?(違う!
    ハインツ、良いとこって、なになに?(お・し・え・て♪
    奥様、何気に強し(笑)

    追記>>
     2009.12.03 2009.03upの//N//01〜04を修正しました。
    0
      | 2009.12.03 Thursday |   ・// N // | - |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |