↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< // N // 135 | main | w*k 台詞で空想してみる*その1 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    // N // 136
    19:32
    // こころの準備 kokoro no jyunbi //

    「…いよいよ来週だね。」
    「そうね。何だか、不安だわ。」
    「まだ、君は…。僕は、君の事いつも想っているから。
    君は、僕の事だけ考えててよ。」
    「うん。そうするわ。…でも、まだドレスが決まらないの。」
    「そう。迷う時は、君の母上に選んでもらうといい。
    君の事、一番分かってる方だから。
    僕はね、君が側に居てくれるだけでいい。」
    「ほんと?」
    「ほんとさ。」

    *
    さっきまで掛けていた電話の事を、クリスは考えていた。

    一旦、家に帰る事になって、城に戻る予定の日取りまでに、
    やり残していた準備をしなくてはならない。
    本来ならば、そのまま城で両親が来るのを待っていれば良かったのに。
    元はと言えば、6月一杯を別荘で過ごしたツケで、
    自分の不手際なのだ。

    ニコルは、優しい。
    自分の正直な気持ちを打ち明けてから、
    どんな事があったって、私を責めたりしない。
    けれど、
    ニコルにとって恥ずかしい存在で居てはいけない
    決して…

     ―― ニコル、今夜も…眠れそうに無いわ。 ――


    **
    アルは、窓辺に立ち、
    窓から見えるはずの無い先を、見ていた。
    この場所から、クリスの居るサウスシュテディを見ることは適わない。
    ただ思いを馳せる…
    今すぐ君の元に飛んで行けたらいいのにと。

    あれからも君は、不安を抱いたまま。
    できるなら、代わってあげたい。
    今はまだ、その気持ちを補う事は適わなくても。
    決して僕らが、行き違わないように、
    君と言葉を重ねよう。

     ―― クリス、君のこころに平安が訪れますように。 ――


    **
    「セレナ、やっぱり断ろうか?」
    「あなた、馬鹿なこと言わないで。予定は変えられないのよ。」
    トマスの言葉に、セレナは声を荒げた。

    「あんなクリスを見ていたくない。」
    「あなたまで何言ってるんですか。しっかりしてください。
    あなたが、堂々としていないと、私達が恥ずかしいわ。」
    「俺は、遠くにやりたくない。」
    「こちらで仕事の時は、この丘の上よ。近いじゃない。
    そう言ってるあなただって、私を父から遠くに離したの。覚えてる?」
    「いや、それとこれは、別だろう。」
    「同じよ、同じなの。すぐにお別れというわけじゃないのだから。
    本人の気持ちが向いている時に、しておきましょう。
    いきそびれる方が、よっぽど恥ずかしいのよ、女性にとって。
    しっかりしてくださいな、私の旦那様。」
    「…いやだ…なあ。」
    「ダ・メ・よ。」

    セレナ、君は強くなった…と、トマスは思った。

    *
    「クリス、そろそろ休んだ方がいいわ。」
    いつまでも消えない灯りに気づいて、セレナが声を掛ける。

    「だって、眠れないもの。」
    冴えない顔で、クリスは言葉を漏らす。
    「折角の美人が台無しだわ。」
    「ママったら、娘にお世辞はいらないわよ。」
    「そんな顔して登城したら、大変よ。
    ベッドに横になりなさい。ママが隣にいてよ。」
    クリスは、セレナの言葉に従う。
    「さあ、目を閉じて。」

    背中に母の手の温もりを感じながら、クリスはぼんやりとしていた。
    「…ママ、…読んで…」
    聴こえなくてもいい、と想いながら小さな声でクリスはつぶやく。
    「いいわよ。」
    セレナは、しっかり返し、
    昔読み聞かせた覚えのあるお話を語りだした。

     ―― ありがとう。ママ。 ――

    --------------
    <ツブや記>
    娘の幸せを思うとき、親はどうするんでしょうか?
    大きさの違いはあれど、苦労が付きまとう。
    …のですね?(当てはまらない人いたりする?

    まだ現段階では、ゴールインではありませんよ、トマスさん。
    その前に、何か忘れてませんか?(笑)
    0
      | 2009.11.07 Saturday |   ・// N // | - |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |