↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< // N // 115 | main | // N // 117 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    // N // 116
    19:50
    // 時間変更 jikan henkou //

    インターグレの年度後半は、学内は時間変更が多い。
    教員達の査定の為の調査に伴うものと思われる。
    学内掲示板をチェックしていなかったら、単位も危ない。
    学生達は、自分達の講義予定に目を光らせている。

    「あれぇ、また予定変わってるぜ。」
    「マジかよ?」
    「俺なんか、取ってるの時間重なってるし。」
    「ご愁傷様。」
    ここのところ毎日、学内掲示板の前は、賑やかである。

    「アルベルト、どうした?蒼白だぞ。」
    カールが話し掛けてきた。
    「全滅かな?予定。」
    「欲張るからさ。もし来年も居るんだったら気にするな。
    この狂った分前期で取り戻せば良いんだから。
    時間が勿体無いんだったら、諦めて違うの受けとけよ。」
    「有難う。参考にさせてもらうよ。」

    *
    「やあ、待ってたよ。」
    スエンセンは、笑顔で言った。
    「どうしたの?顔色が冴えないね。」
    「受講予定が、壊滅状態なんです。」
    「そうか。君の取っている講義は金曜も有るのかい?」
    「組めない時間には、きっちり有ったりします。」
    「じゃあ、丁度良いかな。」

    「学内の都合で申し訳無いが、
    研究は、査定調査が完了するまで休止させて貰うよ。
    コンコルド君もルイス君も予定変更させられて困っていたし、
    良いかな?」
    「はい、了解しました。教授のご予定は?」
    「私の方は、お構いなく。その間は、各自自由と言う事にしよう。
    私の助手も免除する。君は勉学に励みなさい。」
    「有難うございます。」
    「とは言っても、何時も居る君が居ないと寂しいから
    普段通り、ピアノを弾きに来てくれ給え。」

    研究室のテーブルに、事務局から貰った新旧の講義予定表を広げる。
    金曜と助手の時間空きの時間を合わせると、随分カバー出来そうだ。
    スエンセンの淹れた紅茶を飲みながら、予定を組む。

    *
    ルイスの準備室。

    「ルイス、聞いたか?」
    「金曜の事?」
    「そうそう。理事から急に予定変更させられて
    文句も言えないなんて、酷いよな。」
    「仕方ないんじゃない。楽しみ減らされた感有るけど。
    スエンセン教授から内線で聞いたけど、
    シュクール君も大変だって、予定の組み直し。」
    「俺達より、忙しい学生だからな。」

    「そう考えると、予定に空きだらけの俺達って、情け無いな。」
    「そんなことは無い。この空き時間を有効に生かさないと、
    コンコルド先生からの入れ知恵だけど。」
    「そんなことも、言ったけ?」

    「それはそうと、鞍替えしたら。」
    「こんなとこで、馬鹿な事言うなよ、コンコルド。
    俺は、そんな不義理はしないよ、絶対に。」
    「お前、石頭過ぎ。
    将来、教鞭取れるようにしてくれるのが教授じゃないのか。
    少しも自分の講義に呼ばない教授って有るかよ。
    お世話になってる研究室の手伝いもさせて貰えないんだろ。」
    「いいんだよ、それは。俺の心の問題だから。
    今も、彼が僕の絶対の存在で有って欲しいんだから。
    このヴァイオリンだって、彼の指導が有ればこそ評価された。
    自分の努力は、水面下だって良いんだ。
    何時か、自分も教えられる時が来るって信じていれば、
    良い事だって有る。
    今年は、才能の有る学生を指導できるという絶好のチャンスを
    得たんだから、これを幸せじゃないと言えないだろう。
    今は、時間が有り余る程有って、嬉しいよ。」

    「そうか。強くなったな、ルイス。俺も負けられないな。
    お前より先に偉くなってやる。」
    「俺は、コンコルドの後を着いて回るとするか。」
    「面白くない冗談言うな!」
    ハハハハハ、二人は笑った。

    --------------
    <ツブや記>
    とんでもなくゴタゴタしている学内ですが。
    ルイスが元気になって、ホッ(笑)
    0
      | 2009.10.18 Sunday |   ・// N // | - |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |