↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< // N // 78 | main | 「G」 幕を引く・・・心残り >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    // N // 79
    21:46
    // 物事はいつも… monogoto wa itumo ... //

    「教授、おはようございます。昨日は来れず、すみませんでした。」
    「おはよう。コンコルド君、仕事は捗ったかね。」
    「おかげさまで。」
    前日の研究について、メモ書きされたものに目を通しながら、
    大まかな話をスエンセンから聞く。
    「ほんとにレッスンしたんですね……残念。」
    「折角だから、しばらく続けてみてもいいと思っているよ。」
    「そういう話なら、私にもチャンスが有りそうですね。」


    *
    「おはようございます、教授。コンコルド。」
    「片して来たのか?」とコンコルド。
    「当然。ところで、彼は?」とルイス。

    「おはようございます、皆様。遅くなってすみません。」とアル。
    「来ないのかと思ったよ。」とコンコルド。
    「出る前にお借りしている本を読んでいて、出遅れてしまいました。」
    とアルは、持っていた本をテーブルの上に置く。
    「そうか。どれを?」とルイス。

    「おはよう、シュクール君。」
    スエンセンは、人数分のマグカップを並べた。

    「一通り目を通してくれているみたいなので、昼までディスカッションといきますか?…それから、午後はレッスンの続きをしませんか。」
    ルイスは、皆の意見を聞くと同時に、希望を出した。
    異論は無いと、チームメンバーは頷いた。


    **
    午前は、前日までの経過から各人の意見交換をしたり、
    今日の新たな課題を定義したり、
    午後は、単独楽器(但し、メンバーの誰かが音を出せる物に限定)に対する意見交換とレッスンに充てた。

    「若い人は、呑み込みが早いですね。」
    違うパートの楽器を鳴らしていたコンコルドが言った。
    「君達も年を取るんだなぁ。」
    とスエンセンがぼそりと言った。
    「聞き捨てなりませんね、教授。」
    とルイスが軽く言い、
    まあまあ、とコンコルドも笑った。


    研究室での研究の日々は、男達を夢中にさせていた
    が、それだけに打ち込むタイムリミットも近づいていた。

    「明日からは、後期授業の段取りをしなくてはいけませんので、始業開始後は、定期集合は週一くらいにしませんか。音楽系が休みになる曜日があればその日に、無ければ指定してください。」とコンコルド。
    「私も、賛成です。教授の都合は如何ですか?」とルイス。
    「そうだね。…会議や集会の日は避けるかな。」とスエンセン。
    「皆さんの予定に従います。空き時間は、ここに居ますので。」とアル。
    「そうそう、楽器練習もしておいてくれ。」とルイス。
    「忙しいだろうけど…君なら出来るから。」
    コンコルドは、アルがはいと言うのを確認して、教授に言った。
    「教授連絡ください。私達は、これで失礼します。」
    「了解。今日もありがとう。また。」
    自然解散となり、アルは研究室を出た。


    「ちょっと待って、シュクール君。」
    表に出てすぐ、アルはルイスに呼び止められた。
    「君さえ良ければ、きっちりレッスンするよ。1週間以内に返事くれると段取り良いけど…考えておいて。それじゃ、またね。」
    「あ……では、失礼します。」
    ルイスの一方的な申し入れだった。
    アルは戸惑いを感じたが、
    気持ち的には、マスターしておかない手も無いとも思えていた。


    --------------
    <ツブや記>
    アルの取り組み
    N75『演奏を如何に楽にする事が出来るか』
    を教授のチームで研究協力中(笑)

    冬季休みギリギリに取り組みだしたから
    後は、他の講義もあるからゆっくりペースになるだろうね?
    0
      | 2009.09.05 Saturday |   ・// N // | - |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |