↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< いつでも聴きたい声ってある? | main | // N // 49 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    // N // 48
    22:19
    // うたかた utakata //

    想いの糸を 手繰る
    僕の心の根っこには 何があるんだろう

    泣いたり 笑ったり 怒ったり 楽しんだり
    何処かで 繋がっていたり 切れていたり
    心の歯車は 回っているというのに 時々空回りする

    こんな時 君が居てくれたら 寂しくなんか無いのに
    君は今 どうしているんだろう…

    **
    ポロロン。
    ピアノは、寂しいと歌う。
    自分の心がそのまま出る時が、たまにあった。
    手を止めて、
    目を瞑って、
    ゆっくり息を吐く。

    フッーーーー。
    今、すべき事を考えろ自分。


    スエンセン教授の準備室の隣は、彼のレッスン室がある。
    再入学に際して、ピアノレッスンは取らなかったのだが、
    名目上は研究室要員として、来ることになった。
    彼は、僕の練習を聴くだけで何もしない。
    どういうことなのか、さっぱりわからない。

    「シュクール君、一服どうだね。」
    彼は、湯を注いだばかりのティーポットの横に砂時計を置いた。
    「何時までも若いつもりでいるが、私も年かねぇ。
    君のピアノが、子守唄のように気持ち良くって、うとうとしてしまう。
    普段の君を見ていると、君はとても忙しそうで、見るに絶えない。
    もう少し、心に余裕があると良いかもしれないねぇ。
    ピアノは、正直だから、直ぐ分かる。
    私の思い違いかもしれないけれども…」
    砂がすっかり落ちた所で、マグカップに紅茶を注ぐ。
    僕にひとつ、彼の前にひとつ。
    予め用意していたらしいビスケットを勧められる。

    「ごちそうさまでした、教授。」
    「もう少し、弾いていくといい。」

    ポロポロン。
    指の動きが軽く、穏やかな心持ちだ。
    ティーブレークで、気持ちの入れ替えが出来た。
    ジタバタしてる事も筒抜けみたいだ。
    気取られずに絶妙なタイミングで、
    アドバイス…レッスンを付けている。
    これが、彼のやり方かもしれない

    「そろそろ、講義の時間だ。手伝ってくれるかい。」

    *
    音楽室のホワイトボードには
    『感情の表現の具体化について』と記された。
    「今日は、この事について考察する。
    実際どのように変わるか、耳で聴いてみて欲しい。
    研究員のシュクール君、スタンバイしてくれ。」
    歩いてここに来るまでに、簡単な説明のみを受けていたが
    はっきりと指示を貰っていない、落ち着かない。
    教授は、いつも通りの口調で話し出す。
    「…における喜怒哀楽の『哀愁』の表現はどうか。
    では、聴いてもらおう。」
    突然のキューを受け、
    ポロンポロンと曲中の最適だと思える数小節分を弾いた。
    教授をみると、微笑み掛けて、次に話を移した。

    *
    講義が終わり、席を立とうとした時、
    「アルベルト、違いがとても分かりやすかったわ。」
    と、サマンサ・ピチカートに声を掛けられる。
    「今まで、あの曲退屈でつまらないと思っていたけど
    今すぐ聴きたくなったわ。」
    と、サマンサの隣に居たシンシア・ポトス。
    どうしましょうか、と教授を見る。
    笑顔で、OKが出たと分かる。
    鍵盤をクロスで拭き、正面に手を置く。

    帰り支度を始めていた学生の手が止まる。
    いつの間にか、聴衆が増えていた。

    --------------
    <ツブや記>
    教授、甘すぎですよ〜〜ぉ♪
    手を焼きたくなる、構いたい、
    そんな子供なんでしょうか?

    アルの位置を動かす感じになってホッと一息(笑)
    0
      | 2009.06.26 Friday |   ・// N // | - |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |