↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< 「漫画」 出船入船? | main | お、おもい >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    // N // 35
    22:57
    // 花一輪 hana itirin //

    夜食が済んで、ダイニングを後にする。
    自室の扉にカードが挟まれていた。

    *--------------------------------------*
    | お兄様へ。             
    | お帰りになられてとても嬉しいです。 
    |            フランより。 
    *--------------------------------------*

    差出人の顔を思い描き、
    ただいま、待たせてごめんね、フラン。
    と、心の中で、答える。

    *

    *--------------------------------------*
    | フランへ。             
    | さっきは、ごめんね。        
    | 父様の予定が先になってしまって。  
    | また、後で。            
    |            アルより。  
    *--------------------------------------*

    ペンを置く、
    気の効いた事が浮かばない。
    何か……


    晴れ間が見えてきた、急がないと。

    *

    *--------------------------------------*
    | お兄様へ。             
    | お話もゆっくりできず、寂しいです。 
    | 昔のように、連弾できるといのに…  
    |            フランより。 
    *--------------------------------------*

    参ったなぁ…
    考えなきゃならないことが、一杯だ。

    *

    *--------------------------------------*
    | フランへ。             
    | 午後あたりに、練習室に行きます。  
    | 一緒にどうですか。         
    |            アルより。  
    *--------------------------------------*

    やらなきゃいけないこと、箇条書きにしておこう。
    昼までには、一区切りつけなきゃ。

    同じ家に居るというのに、不自由だな、僕たちは…

    *

    練習室のドアを開く
    と、フランが待っていた。
    「待った?」
    ううん、と彼女は首を振る。

    ピアノの位置は、昔のまま。
    時の流れがそのまま止まっていたかのようにじっとしている。
    なのに僕たちは、変わってしまっている。
    ふわふわの巻き毛も背も伸びて、幼さが抜けた妹。
    なのに、あの日のように目がキラキラしている。
    自分に無い柔らかさを身に纏う彼女。

    「フラン…」
    と呼ぶ僕、そして近づく彼女。
    頬にキスして、軽く抱く。

    *
    フランの学校から出された課題曲を共に弾く。
    引き覚えのあるメロディ、指使いの難しいテーマ。
    彼女のかき鳴らす音を追って、僕なりの即興を加える。
    「お兄様、一段と素敵になったわ。」
    「ありがとう、フラン。
     ここの部分が少し弱かったよ。
     中盤の12小節は、もう少しゆったりと弾いてもいい。
     上手くなったね。」
    と、楽譜を差しながら伝える。
    「アル、ありがとう。」

    「覚えてる?フランフラン。」
    「あぁ、勿論。」

    --------------
    <ツブや記>
    1枚目は、1日目、到着した晩。
    2枚目は、2日目、朝。
    3枚目は、2日目、父と散策した夜。
    4枚目は、3日目、朝。

    兄と妹の挨拶は、軽やかに(笑)

    カードのやり取りしてくれるお兄様も
    実は、不便を感じていた。
    どうして父は電話を引いてくれないのだろう?

    花一輪の設定、書ききってない(笑)
    0
      | 2009.06.13 Saturday |   ・// N // | - |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |