↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< // N // 33 | main | 「漫画」 出船入船? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    // N // 34
    15:45
    // 通り雨 touri ame //

    湖の遠く奥の方がピカーッと光った。
    樹々がざわめきだしたかと思うと
    ゴロゴロと聴こえだした。
    ザァーーと、雨粒が勢い良く落ちてくる。
    また、稲光る。
    ドドーンという大轟音、耳を塞ぐ。
    咄嗟に、父の腕が伸びて、
    コートの中に僕を抱え込んだ。

    音が遠ざかるまでの間、
    彼の心臓の音を聴いていた
    規則正しく、落ち着いた鼓動。

    *
    「アルベルト、少し休もうか。」
    父は、鍵を取り出し、
    薄暗い空間の奥へ進んだ。
    ガチャという音がして、内側に扉が開く。
    その扉を閉めると、自然に錠が下りる。
    1平米くらいの小さな空間の目の前に鍵穴が有る。
    鍵は数回左右に回され、やっと入り口になった。
    その扉を閉めると、また自然に錠が下りる。
    先程よりは少し広い空間に出た。

    「こっちだ。」
    彼は、鍵を仕舞って、扉を開けた。
    急に視界が拡がる、客室だろうか?
    「ここで、雨が止むのを待とう。」

    *
    誰も居なかった部屋に明かりを灯す。
    サイドキャビネットから、グラスを出し
    予め置いてあったらしい飲み物が注がれた。

    リーン リリーン と電話が鳴った。
    「旦那様、そちらでしたか。」
    「しばらく、こっちで休む。後で報せる。」
    と言って、受話器を置いた。

    *
    「父様、ここは?」
    「今のところ、客室かな。
    この建物は、かなり前から着工していてね、
    ひと月ほど前に完成した所だ。
    気に入ったなら、お前の部屋にしてもいいぞ。」
    と、上機嫌で話し出した。
    「私の部屋ですか?」
    「欲が無いな。まぁ、いい。」
    ちょっと機嫌を損ねたみたいで、話題を変えた。

    「もう一度聞いておかないといけないことがある。
    お前の身の振り方について。これからの計画を聞きたい。」
    見住まいを整え、背筋を伸ばし、言葉を返す。
    「私は、ミケールで私に足らないものを学びたいです。
    出来れば、復学させてください。」
    「お前の学ぶことは、何もないではないか。」
    父は、厳しく言い放った。
    「考えあっての事か。」
    「はい。私は、音楽だけやるつもりはありません。
    父様の事業の助けにも成りたいです。
    それには、知識も経験も何もかも足りません。
    お願いです、学ぶことを許してください。」
    じっと目を見て、何かを確かめるように父は言った。
    「それでいいのか。本気か。それがアルベルトの答えか。」

    *
    「分かった。
    ミケールには、私から連絡を入れることにしよう。」
    それからと、鍵を手渡される。
    「ゆっくりしたい時は、ここを使え。
    何か有れば、ホフマンに言え。
    ハミルトンにも協力させよう。
    明日から私は出掛ける。私が戻るまでに、
    一週間時間をやる、詳細に考えておけ。」
    と言って、受話器を取った。

    外は小雨、傘を持たずに出た私達を
    執事のホフマンが迎えに来る。
    館の入り口には、車が横付けされていた。
    「少し遠回りになりますが、車道を通ります。」
    後部座席に私達が着いたのを確かめ、
    彼は車にエンジンを掛けた。

    --------------
    <ツブや記>
    か、硬い内容になってしまいました(汗;
    ハインツは、自分の通った道(人生の選択)だけに
    譲れないものがありました。
    父は、優しく、時に厳しく、
    妻も子供らも大切に守っています。

    『降り止まない雨は無い』ということで
    こころもいつしか晴れるだろう。
    みたいな感じ…ですかねぇ(笑)
    0
      | 2009.06.12 Friday |   ・// N // | - |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |