↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< 朝は、眠いぞ | main | 大好きな調べ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    // N // 19
    11:23
    // ふたりの箱庭 futari no hakoniwa //

    ママもパパも居ない日があった。
    妹は、遊び相手にもないくらい小さな赤ん坊だった。

    家庭教師は、厳格な性格の持ち主で
    決められた時間通りのカリキュラムで
    どっさり課題を出して帰っていく。

    つまらない。
    ママが居たら、一緒にピアノ弾けるのになぁ。
    小部屋の真ん中にグランドピアノ
    と、背を向けるようにアップライトのピアノ。
    カバーを外し、指を慣らす。

    ひとりの時間、いつからか僕は
    指の…心の…儘に音を奏でる
    そんなことを繰り返していた。

    *
    ある日、
    ピアノに向かっていたら、
    別の音が混じってきた。

    ふとそちらを見る、
    と妹が人差し指で鍵盤を叩いた。
    僕の手が止まっているのを見て取り、
    バブぅ、と睨み付けた。

    そんなこと、彼女は忘れてしまっただろうけど。

    **
    母の生徒でもある僕らは
    テキスト通りの音符を拾い、音に変えた。
    そして、テキストにさえ無い、音を作った。

    僕らの時間は、即興の渦。
    そして、メモリを刻んでいく。
    大切な想いを体験を、心で選定して、蓄積する。

    同じ時を刻んでも、人それぞれ違うものらしく。
    それも面白いと感じていた。

    *
    「アルぅ、この曲はなんていうの?」
    と、フランに問われるまで、考えていなかった。
    音を紡ぐ事が、楽しい事だったから。
    「その場で作るのは、即興と言うらしいよ。」
    「そんなのつまらないよぉ!」
    プンプン怒る彼女に負け、
    タイトルは…と想いを巡らす。

    「同じ言葉を重ねてみようか、
    例えば…フランフランとか。」
    自分の名前が採用されて、満面の笑顔を取り戻した。

    *
    僕は、決めていた
    自分だけの曲を創って見せると。
    誰かに聴かせるためでない
    自分の…記憶の端々を掻い摘んだ
    モノになるかもしれないけど。

    --------------
    <ツブや記>
    『メモリーメモリー』は、
    少年の閃きで生まれた(ものらしい;;
    ちょっと無理あるけど、いいよね(笑)
    0
      | 2009.05.15 Friday |   ・// N // | - |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |