↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< 「G日記」 術もいろいろ | main | // N // 02 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    // N // 01
    23:51
    // 朝靄の中で asamoya no nakade //

    少年は、駆けて来た。

    陽射しが遮られた深い森のような道を。
    森の中に張り巡らされた石畳に靴音を響かせ。
    まだ温度が上がっていない朝に。
    少年の白い息が、早朝の靄に溶けていく…

    ここは、一年中温暖な気候のミューズレイ北東に位置する。
    ミューズレイは、アドリビトゥーム国南部の海辺に位置し
    、リゾートホテルの近辺は、週末になると人々で賑わう。
    それに比べると、ここロックシティは、ミューズレイから
    さほど遠くも無い距離にもかかわらず、ひっそりとした土地で、
    石畳と恵みの多い森が象徴の町である。

    ロックシティの町は、何処にでもある様な石の積み木を
    重ねたような外壁の民家が転々と建っている。
    民家は、樹々の合間に建っているので、
    隣の民家を、すぐに見つけることは難しい。
    人の手で点々と埋め込まれた石の道が、
    何処かに続いているのだと、無言で知らせてくれる。

    早起きの新聞配達少年は、まだ薄暗い街から飛び出してくる。
    すれ違う人毎に元気良く挨拶を交わす。
    「おはようございます!
    今日はいいお天気になりそうですね。」
    と、門の前に立つ女性に声を掛ける。
    「そう…じゃまた娘が帰って来るかしら?」
    手づからタブロイドを受け取った彼女は、
    「いつもありがとう。助かるわ。」
    にっこりと笑顔を返した少年に、配達頑張ってねと手を振る。
    そして、彼はそのまま駆けていく。
    この地方の情報の殆どは、口コミだが、
    各地の情報も得られるとあって、タブロイドは人気があり、
    週末のみの配達制度は、町の人々にとても喜ばれている。

    少年は、ある家の扉を開けた。
    「只今、帰りました。」
    「お帰り、今日は早かったね。」
    家の中には、男性の待ち人が居て、
    声を掛け合いながら、彼らは、朝食の支度にかかる。

    **
    「ねぇ、パパ……ねぇ?」
    と、両サイドの髪を軽く纏(まと)めたところに頭の上で
    大きな赤いリボンを付けた女の子が、
    大きく広げられた新聞を覗(のぞ)き込んだ。
    「ねぇパパ、何が書いてあるの?」
    「いろんな事だよ。」
    興味津々な娘の目に何が映っているのかと、父が目を向けた時、
    「パパ、さっきの男の子、知っている人?」
    「あぁ、知っているとも。」
    ハハーンと――父は娘の言いたい事を脳裏で考える。
    「何処の誰?」
    「コレを持って来てくれる人だよ。」
    娘は目をしばたいた。納得いってないのか?と、父はそれを見て思った。
    「このタブ…新聞はね。――今日みたいに配達されてくるから。――
    じゃ今度の週末早起き出来たら、私の代わりに受け取ってくれるかい?」
    うん!と、彼女は大きく頷(うなず)き、スキップで部屋を出て行った。
    が、彼は彼女の後姿を見送りながら、朝ベッドの中から起きだす娘の姿が
    想像できないでいた。早起きに期待するのは1%くらいにしておこう、
    と心の中で呟いた――父であった。


    --------------
    <ツブや記>
    かなり昔に、『 N 』という短文のモノを繋ぎ合わせたのを数
    編書いていました。肉付けしてみようと昨年あたりから思って
    いたのが、コレです。
    初めにつけていたサブタイトルの響きがとても気に入っていました
    が、文を書き換えていると、以前のような言葉があまり出てこ
    ない(変わってしまった;)ので、そっちも今の感覚で付け直し
    てみました。

    どれくらい続けることができるか、謎
    ですが、始めてみました(笑)

    追記>>
     2009.10.03 修正しました。
     2009.12.03 修正しました。
    0
      | 2009.03.06 Friday |   ・// N // | - |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |