↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< 「G日記」 常春、演出中? | main | 「つぶや記」 ビーズのバック >>

「w*k創作」 side2-041 もう一人の教育実習生
00:33
>> はじめに、ご注意事項。
   ・当ストーリーは、作り話であります。
   ・自分的に、やんちゃ設定ありの方向で少し続けます。
   ・特定の表現を好まれない方は、
    読まないで、回れ右で、よろしゅう<(_ _)>

-----------
>040の続き

教育実習初日、教頭に紹介されたもう一人、
数学を担当する三角の所にいる南都とは、
実習に来るまで互いに面識が無く、
挨拶を交わす程度の間柄だ。

説明を聞くなど、作業の途中に
南都の視線を感じた事が幾度かあったが、
彼はすぐに目を逸らし、会話に発展する事が無かった。


折角、教生に来たのだから、
他の授業も観ると良いと、古所に勧められ、
今日は、三角の授業も懐かしく、
生徒達の後ろから観た。

 *

「新村くんも、興味持ってくれたかしら?」
授業が終わった後、三角の準備室で、感想を聞かれる。
が、明らかに授業内容をどうこうでは無い質問だった。

「三角先生の授業も良いですね。
ですが、私には向いてないようです。」
「それは、残念だわ。」

「卒業生贔屓ですか?」
明らかに南都は、気を悪くしたようだった。
「三角先生は、公平だよ。
今も変わらず、チャンスをくださる。」


「私は、実習期間中、
誰であろうと手抜きせずに見る事を約束するわ。
だから、南都くんも、質問等あれば、どうぞ私に。
――よろしくて?」

強引な話の流れに、
彼は不承不承、はいと答えるしかなかった。


 *

三角は、用事が残ってるからと席を外す。
そろそろ古所の所へ戻ろうと、したところへ。

「久しぶりだね。」
彼は言うが、彼の顔に見覚えが全く無い。

「えーと、同じクラスだった?」
「卒業校は、違うから。
君、バイク乗ってたでしょう?
黒いヤツ、テッペンでさ――」

「何の事だかわからないけど。どういう事?」
「アレ、人違い?ごめん、似てたから。」
そう言いながらも、悪いとは思って無いようだった。
自信が無いので、カマをかけてきたのだろう。
校外での行いを持ち込まれるのも、都合が悪い。

「何で、うちに?」
「頼みにしていた先生が多忙になって断られて、
その紹介で、ギリギリだったけど、
何とか受け入れてもらって。ほんと、助かった。」
「実習落とすわけには、いかないものね。」



 * *

今日は――
南都の持ち出した話に、一瞬ひやっとした。

大勢の人前で話されても困るが、
二人きりになって話し出したという事は、
気になる人間に似ていた、ということだろう。

!?

バイクの話・・・
心の隅っこで、何かが引っかかる・・・

今は、忘れよう。

残りの実習にひびかない程度の会話で、
なんとか切り抜けられたら・・・いいか。

最後まで、気の抜けない実習になりそうだ。


--------------
登場人物>>
 新村 司 … 大学4年
 南都優輝(みなとゆうき) … 大学4年
 三角洋子 … 数学

 生徒達


  注) 登場人物名は、基本設定とは異なります。

--------------------------------------------
>>つぶやき 
 脳内整理のため、書いてます。

 039で、名前だけで終わってしまった人がいたので、
 空白の部分を埋めてみました。
 教生のお話は、今はこれでおしまいかな^^?

 数年のブランクがあったので、
 どこから続けるか、考えて考えて、書いて書いて、
 ここに落ち着きました。(笑)


  日本語の正確さは、自信ありません。。
  言葉足らずな部分は、脳内補填してくださいませ<(_ _)> 
----------------------------------------------------------
0
    | 2017.05.27 Saturday |     [w*k2次創作]side | comments(0) |

    スポンサーサイト

    0
      | 2018.12.25 Tuesday | - | - |
      Comment