↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< 「つぶや記」 1日1時間^^? | main | 「Guin 50」 どうして 私なんです >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    「w*k創作」 side2-040 実習初日、メモ
    00:01
    >> はじめに、ご注意事項。
       ・当ストーリーは、作り話であります。
       ・自分的に、やんちゃ設定ありの方向で少し続けます。
       ・特定の表現を好まれない方は、
        読まないで、回れ右で、よろしゅう<(_ _)>

    -----------
    >side039の続き。

    3-Aのクラスプレート、
    ――3年何か月前は、あの中の1つの机が指定席だった――
    古所の紹介があるまで、廊下で待つ。

    教室内が静まって、入室を促された。

    「教育実習に来ました。新村司です。
    今日から2週間、短い期間ですが、
    君達と交流できたらと思ってます。――」

    「今日、新村先生は、君達の後ろから見守ってくださいます。」

     *

    古所の以前と変わらない手法の授業は、懐かしく、
    あの頃に戻ったような気さえする。

    が、今はその想いに浸っている場合でなく、
    控えている模擬授業のために、
    参考になる部分は無いかと、持参のノートに走り書きをする。



    「先生、質問良いですか?」

    1限目が終わり、
    古所に続き教室を出ようとしたが、その呼び掛けに立ち止まる。

    「ん?私ですか?」
    「はい。新村先生に、です。」
    「吉野さん、先生達は次の授業が有るので、
    質問は次の時間にしてくださいますか。」

    困った、と思っているところへ、
    古所が助け舟を出してくれて、ホッとしている。
    月曜日の古所の受け持ち授業は、
    3年全てのクラスを回らなくてはならない。

     * *

    昼、準備室で休んでいると――

    「失礼します。」
    ノックの音と共に、佐多が入室した。

    「古所先生、新村くんを部活に誘っても良いですか?」
    「新村君さえよければ、構いませんよ。
    学校内の事なら、1つでも多く知って貰いたいですからね。」

    「私は、複数の部活を見学したいのですが。」
    「そう言う事でしたら、
    その1つに彼の所も見て来ると良いですね。」

    少しの間だけ、顔を見せる事になった。

     *

    「よろしくお願いします。」

    放課後、佐多に借りたスポーツウエアを着て、体育館へ。
    バスケットコート内に居る生徒達を見守る佐多の横に立った。

    「遅かったな。」
    そう言いながらも、視線はコートにあった。


    「先生、来てくれたんだ。」
    女子部員が、寄ってくる。
    「そこ、私語は慎むように。」
    部員を集合させた佐多が、注意をする。

    部員の輪に入って、話し掛けたり、軽く身体を動かした。
    コートに立ったのは、佐多の在学中に放課後付き合わされて以来。


    「先生、明日も来るよね?」
    「田中、片付け終わってないぞ。」
    「顧問は、ほんとウルサイんだから。」
    「田中さん、明日は来れないですが、また観に来ますね。」
    「ほんと?待ってるから、絶対来て。」

     *

    ロッカーで着替えながら、

    「佐多先生、今日1日、有難うございました。」
    「新村―― 司、汗をかくのも悪くないだろ?」
    「……そういう事に、しておきます。」
    「ほんと、お前、素直じゃないな。」
    「認めます。」

    佐多の面食らった顔を見て、ククッと笑う。


    駅まで、横並びで歩く。
    久し振りの時間だけれど、個人的過ぎる話はせず、
    大学の話になる。

    彼は、相変わらずだ。
    この先も変わらないで居てくれるんだろうか?


    帰宅すると、気が緩み、疲れを感じる。
    しばらくバイトの休みを取っておいて、良かったと思った。

    教習1日目、終了。

    --------------
    登場人物>>
     新村 司 … 大学4年
     佐多良浩 … 体育教員
     古所 武 … 国語教員

     3-A生徒
     バスケットボール部部員

      注) 登場人物名は、基本設定とは異なります。

    --------------------------------------------
    >>つぶやき 
     脳内整理のため、書いてます。

     書いては消しをしているうちに、3か月経っちゃった(汗;
     この後の教習時間を書くかどうか、は不明です(笑) 

      言葉足らずな部分は、脳内補填してくださいませ<(_ _)> 
    ----------------------------------------------------------
    0
      | 2015.04.14 Tuesday |     [w*k2次創作]side | comments(0) |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |
        Comment