↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< 「日記」 ホールイベント?? | main | 「つぶや記」 あれれ? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    「w*k創作」 side-033 もう戻れない1
    00:01
    >> はじめに、ご注意事項。
       ・当ストーリーは、作り話であります。
       ・自分的に、やんちゃ設定ありの方向で少し続けます。
       ・特定の表現を好まれない方は、
        読まないで、回れ右で、よろしゅう<(_ _)>

    -----------

    ―― 子供の頃の事、
       ふと思い出す時がある。 ――


     ママ、
     ボクが大きくなっても、
     ずっとずっと、一緒だよ。
     ママを、一人になんかさせないから。
     ね。

    ボクがそう言うと、ママは微笑んだ。


     * *

    実家に戻った
    母は、小学校の入学に必要な書類を揃えていた。
    ボクは、買ってもらったばかりのランドセルに
    名前を書き終わった教科書やノート、
    母手作りのバックに
    ペンケースや入学式当日に必要な物を、
    指示される通りに詰めていく。

    「司、あとこれも入れておいて。」
    「なに?」
    「パパに書いてもらったからね、
    今持っている封筒に入れるのよ。」

    「しんじょうちょうしょ?」
    「あら、読めるの?」
    「まえに、ママにおしえてもらったから、わかるよ。」
    「そうだったかしら?」

    「ねぇ、ママ。」
    「なぁに?」
    「ははって、ママのことだよね?」
    「そうよ。」
    「パパ、かんじ、まちがってるよ。」

    それは、表札に書いてあるママの名前とは違う。
    書けなくても、ボクには分かる。

    「間違いじゃないわ。
    これからずっと司の母になっていてくれる人だもの。」
    「どうして?」
    「この前、パーティーがあったでしょ?」
    「うん。」
    「パパは、再婚したのよ。」
    「ダメだよ、ママが居るのに。」

    「ママがお願いして、そうしてもらったの。」

    母は、ボクをそっと抱き寄せた。

    「ママは、司が大好きよ。
    傍に居なくても、ずっと司の事を想ってるから。」
    「ボクも、ママがだいすきだよ。
    だから、ずっといっしょにいようよ。
    どこにもいかないでよ。」

    「ごめんね、つっくん……ごめんね。」




     * *
    ボク達は、幼稚園を卒園するまで、
    別の所に住んでいた。

    ボクは子供だったから、
    別居生活の後の両親の離婚なんて
    理解できるものではなかった。

    父の事が嫌いで、母は別れた
    のだとずっと思っていたから、
    何年経っても、父と距離を置いてしまう。

    母と離れて暮らさなければならない
    事を理解して接してくれた
    再婚相手の実桜さんは、優しくて、
    どんなに探しても嫌いになる部分を見つけられなかった。

    そして、もう母と二人だけの暮しに戻れない
    のだと――

     *
    この年になってようやく、母の本心が分かった。

    同じ場所に居合わせる時、
    母は目線をほんの少しずらす。
    でも、父の視線がこちらに無い時は、
    父の動きを目で追っている。

    口では、何もないと言いながら、
    まだ、父の事を愛しているのだと。

    「君のナイトは、俺だけで十分なんだよ。」
    と言った父の言葉も、
    あの時点では、嘘では無かったのかもしれない。

    その事について、今更、父に問う気持ちはない。
    母さんが、辛くなるかもしれないから。
     
     *
    新学期が来る度、
    身上調書を見て、心がモヤモヤとした。
    その事実が、現実である
    と認めなければならない。


    俺の母は、二人居ると――

    >034に続く。
    --------------
    登場人物>>
     新村司 … 大学2年 / 回想、それ以前
     ママ

      注) 登場人物名は、基本設定とは異なります。

    --------------------------------------------
    >>つぶやき 
     脳内整理のため、書いてます。

     副題をつけるなら、complex あたりになると思う、
     複合的な使い方のあれこれに想いを込めると。
     マザーコンプレックスという言葉が浮かんだけど、
     マザコンという程、彼は母を頼りにしてないから。 

      言葉足らずな部分は、脳内補填してくださいませ<(_ _)> 
    -------------------------------------------------------
    0
      | 2014.01.23 Thursday |     [w*k2次創作]side | comments(0) |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |
        Comment