↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< 「w*k」 交流用に絵板借りました | main | 「Guin 43」 上がる士気と心の蔭り >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    「創作」KEY-ゴードン- *Key number 7*
    00:48
     ジュリアスが腕を差出し、
     クラウディアが軽く手を置いて、
     そのままゆっくりと
     紅い絨毯の上を通って、広間を出た。

     その姿を見届けた者達は、静観を解き、
     手近な者と話し出したかして、
     後にした広間がざわざわとしだした。
     そのざわめきを聴きながら、
     彼らは、次の段取りへ移っていく。


      *
     ドレスの長い飾り裾を、メイドに持たせて控えの間へ。
     衣装替えのために用意した広間に近い部屋。
     その部屋に入ると、
     開け放たれていた扉は、閉じられた。


    ジュリアス 「次まで時間がある。少し休もうか?」
    クラウディア「それなら、軽装になってもよいかしら?」
    ジュリアス 「時間が来るまでならね。」

     クラウディアは、いつもそうしているように
     人形のようにその場に立った。
     ジュリアスは、その姿が視界に入るままにしていた。

    メイド  「あの、若様。クラウディア様のお召し物を
      お替えしますので、別室でお待ち頂けますでしょうか?」
    ジュリアス「ああ、すまない。隣の部屋に居るから、
      また声を掛けてくれ。」


      **
    クラウディア「ジュリアス様、お待たせ致しました。」

     続きの間に入ったクラウディアは、
     返事が帰って来ないので、
     背中を向けたままのジュリアスの正面に回った。

    クラウディア「ジュリー……。」

     耳元から聴こえてきた声に、ジュリアスは目を開けた。

    ジュリアス 「あ、クララ。早かったね。」
    クラウディア「ずるいです。おひとりだけお昼寝ですか?」
    ジュリアス 「え?僕は目を閉じていただけだよ。
      隣においで。この後のお披露目が終わるまで
      気が抜けないからね。」

      *
     広間では、客人たちが
     テーブルにつき食卓を囲んでいる頃だ。
     ふたりは軽い食事をすませ、
     しばらくして、
     クラウディアを化粧直しのためメイドが連れ去った。
     不安そうな彼女に大丈夫だからと声を掛けて
     ジュリアスは彼女を見送った。

    ジュリアス「ディノ、そこに居るんだろう。」

     回廊側の扉を開けて、小声で言った。
     先程まで見つめていた部屋の扉に、ディノは取りつく。

    ディノ  「ジュリアス様、ご用でしょうか?」
    ジュリアス「入りなさい。話がある。」

     一礼をして、部屋に入った
     ディノは、跪いてジュリアスの目線より低く控える。
     

    ジュリアス「他でも無い。君自身の事だ。
      身の振り方は、どうなっている?」
    ディノ  「今後のことでしょうか?」
    ジュリアス「そうだ。」
    ディノ  「コネチカットからは、クラウディア様の
      お世話を引き続きするよう申しつかっています。
      お許し頂けるのなら生涯貴家で働く所存でございます。」

    ジュリアス「君は、暇乞いが出来るんだぞ。
      ご家族の元に戻れるチャンスを棒に振るのか?」
    ディノ  「家族たちには、別れを告げてきました。
      私にはもう、帰る場所はここしかありません。」
    ジュリアス「そうか。君は覚悟して来たんだな。」
    ディノ  「はい。」
    ジュリアス「ディノ。君の正式な処遇は父からになる。
      それまでは、コネチカットの人間として堂々と
      してるように。下がっていい。」

     ディノは、元いた場所に戻っていく。
     ジュリアスは、それを確かめないうちに
     再び目を閉じて、僅かばかりの休息を図った。


    ------------
    つぶやき>
     N番外編です。



    登場人物>
     ジュリアス・ゴードン
     クラウディア・コネチカット … ジュリアスの妻
     ディノ … コネチカットの従
     参列者 … 両家の親族
     メイド
    -------------
    0
      | 2011.10.22 Saturday |   ・NSS KEY-ゴードン- | comments(0) |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |
        Comment