↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪
<< 「W*K」 9月も終わる | main | 「w*k」 増えてる♪ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2020.02.06 Thursday | - | - |

    // N // 286
    00:03
    // 交代2 koutai 2 //

    「シュクール社長、お話があります。」

    従業員が出社する時間より早く
    社長室をノックしたジュリアスは、
    開口一番、個人的な願いを切り出す心積りであった。

    アドリビの顔である二人が、同じフロアで過ごす時間は、
    近頃はかなり減少傾向にある。
    この機を逃すと、また先送りになりかねなくもあった。

    「お時間を取って頂けませんでしょうか。」

    書類上に落としていた目を、ハインリヒはジュリアスに向けた。


     *
    「掛けたまえ。」
    「では、失礼して。」

    応接用の椅子に、向かい合って掛ける。

    「一体、どうしたと言うんだい?」
    「早期に離職したいと考えています。」

    その言葉を合図に、ジュリアスは話し出した。

    「私はまだ、君を失う訳にはいかない。」
    「私には、やり残してはいけない訳がありますので。」
    「それは何だ?」
    「妻の事です。」

    ハインリヒは、出来れば
    その先を聞かずにいたかったかもしれない。
    一瞬の沈黙の後、次の言葉を選んだ。

    「奥方は、お元気かい?」
    「体調を崩しております。今度は、もう
    他人の手を借りずに、傍に居てやりたいと思っています。」

    ジュリアスには珍しく、切迫した口調であった。

    「いつもの冗談では、無いようだな。」
    「私は、家族の事で冗談は申しません。
    仕事は、他の有能な人材に任せる事は出来ますが。
    彼女にとって、私の代わりは居ません。これまで、
    貴方の願いは、かなり叶えて来たつもりです。
    この我儘だけは、譲るつもりはありません。」

    ハインリヒは、ミケールからの友であり、
    良き仕事のパートナーであるジュリアスを凝視した。

    彼の言う通り、これまで彼に、
    自分の有利に成るようにサポートさせてきた。
    その事で、家族さえも犠牲にしてきてしまったのだろう。
    自分は、彼に無理をさせてしまっていたのかもしれない。
    素直に詫びるほうが良いとはわかっている、
    だが、彼はそれを望まないだろう。
    そうする事で、これまでの全てを
    否定してしまうことになるのだから。

    「そうか。君も去ってしまうのか……寂しいねぇ。」


     *
    「君という後見が居なくては、彼も困るのでは?」
    「息子ですか?ダニエルなら、問題はありません。
    何かあれば、貴方を頼るように申しましょう。
    息子の人生の選択権を奪った貴方にも
    責任を取ってもらわなければなりませんから。」

    そう彼は、自分の下に居るような男では無かった。
    各々は共に、違う地方の領主であるのだった。
    自分の意見が揺らぐ事は、絶対許されないのだ。

    それでも、ハインリヒは聞いた。

    「考えは、変わらないか?」
    「1ミリも。貴方の入り込む余地はありません。」

    そのきっぱりとした口調、態度は、清々しかった。

    「ハハハ。やっと君の本音を聞けたよ。
    ――20年間、我社を支えてくれて、
    感謝してもしきれないよ、ゴードン常務。――
    これからは、友としてよろしく頼む。ジュリー。」
    「ああ。ハインツ君の下だから、これまでやれたんだ。
    これからは、息子共々よろしく頼む。」

    これからは、また違った関係を持つ事になるだろう
    握手を交わし、抱きあい、
    始業までの残り時間を友として語り合った彼らであった。


    --------------
    <ツブや記>
      
    登場人物>>
     ジュリアス・ゴードン … 愛称 ジュリー
     ハインリヒ・シュクール … 愛称 ハインツ
    -----------------
    0
      | 2011.09.30 Friday |   ・// N // | comments(0) |

      スポンサーサイト

      0
        | 2020.02.06 Thursday | - | - |
        Comment