↓↓↓ * ただ今応援中!!
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


遙かなる時空の中で 夢浮橋(通常版) サンタクロースっているんでしょうか? トーマの心臓 (小学館文庫)




qrcode





 w*k
兄アニ^^ MarvelousAQL Inc.さんの
ウェブカレ二次創作ガイドライン
により、画像引用
並びに、現在創作中です

 - * - 

*TFC

古川登志夫さんを応援しています♪
 『あるがまま』という生き方に共感
 してしまった人(私=193)による、
 きまぐれ〜なところです。

   では、早速・・・
   肩の力を抜いて、ひと休み♪

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0
    | 2019.08.02 Friday | - | - |

    「文庫」 本を巡る謎
    10:01
    北鎌倉駅前にある"ビブリア古書堂"。

    学校帰りに、チラッと見えた綺麗な人。
    気になるけど、
    本を読まない俺には、縁の無い場所だった。

    祖母が大事にしまっていた本がきっかけで――


    続きを読む >>
    0
      | 2013.11.19 Tuesday |   ・本 | comments(0) |

      「本」 歴史を彩った面々
      11:38
      人物から見た幕末
      と言う本ではなく、
      あくまでも、
      イケメンな史人をピックアップ。

      あなたの考えるイケメン
      と違うかもしれないけど、
      アンケートで
      女性が魅力的だと考える人物
      が、選ばれてます。

      続きを読む >>
      0
        | 2013.05.28 Tuesday |   ・本 | comments(0) |

        「本」 自分向上委員会
        10:53
        『 今の自分が在るのは、
          過去の自分が居たから 』

        雄ちゃんの綴る魔法
        と言ったら、言い過ぎかもしれないけど、

        自分が自分であることが素敵だと
        想えるようなそんな

        ワード と 写真 の本です。

        KY
        神児 遊助,上地 雄輔
        ワニブックス


        続きを読む >>
        0
          | 2011.11.14 Monday |   ・本 | comments(0) |

          「文庫」 ここが僕の居場所
          12:27
           琴(きん)の音が聞こえる・・・
                あれは、遠い記憶・・・
             蒼の君と約束・・・?

          ――劉輝の記憶は、虫食いだらけだ――

          王としての覚悟をしないままに、王となってしまった。

          ――あの光景は、二度と見たくはない――

          それは、後悔と・・・
           *
          焦りは、ある。
          間に合ってくれ!

          今、自分がやるべきことは、決まっているのだ。
          劉輝は、歯を食いしばり熟考する。

          続きを読む >>
          0
            | 2011.08.05 Friday |   ・本 | comments(0) |

            「文庫」 あなたの元へ――帰ってきます
            00:02
            縹家大巫女瑠花の申し出を一つ断り、
            蝗害の被害拡大を食い止めるべく、
            縹家の全面支援を取り付けた秀麗。
             *
            秀麗に残された時間は、少ない。
            その中にあっても最後まで貫きたいものがある。

            先へ進む――その想いが彼女を突き動かす。

            続きを読む >>
            0
              | 2011.07.29 Friday |   ・本 | comments(0) |

              「文庫」 認めてもいいんだよな?
              00:03
              自分という存在のあるべき場所って?
                   ここでいい・・・はず?

              誰もが、フツーだと思っていることは
                  本当に正しいのだろうか?


              「ワタシは、誰かに寄りかかっていれば
                    安心・・・だと思った」

              「オレは、いつも全力で生きちゃ来なかった」

              「ワタシは、愛を選んだ」

              「オレは、今楽しい事をしたい」

              「ボクは、キミに――」

              みんなの前に開けてきた道は、
                 どこに続いているのだろうか?




              続きを読む >>
              0
                | 2011.01.28 Friday |   ・本 | comments(0) |

                「文庫」 その主人公には・・・
                00:02
                首が無い!?

                  *

                いろんな者が闊歩する都市『池袋』。
                街に蔓延っていたカラーの闘争も下火になった今。

                街を見回せば――

                電撃が好きな男女。
                すし屋の呼び込みをする外人。
                サングラスをかけたバーテンダー。

                サンシャインがどこに有るかも知らなかった
                少年は、都会に何を求めて上京したのか?


                続きを読む >>
                0
                  | 2010.12.09 Thursday |   ・本 | comments(0) |

                  「文庫」 その煌きに翻弄され
                  00:07
                  探していたブラックダイヤが、伯爵の元に。
                  大きな雫形のそれには、対のダイヤが存在した。
                  その曰くあるダイヤは、
                  相対するプリンスも狙っているものだった。

                  行きががり上婚約者であるリディアは、
                  フェアリードクターとしての役割を感じとり、
                  伯爵達が影で進めていた事に、
                  首を突っ込んでしまう。

                  *
                  「 おまえ、こういうの欲しいんだろ? 」


                  続きを読む >>
                  0
                    | 2010.06.27 Sunday |   ・本 | - |

                    「文庫」 切り札?
                    00:15
                    秀麗たちの向かった異能の一族の宮は、
                    隔絶された土地にあった。
                    その土地は、大巫女によって守られ、
                    そこに集うものたちを保護していた。

                    元来持つ
                    一族の使命は、全うされるのか・・・

                      *

                    そして、迅の切り札とは?


                    続きを読む >>
                    0
                      | 2010.05.16 Sunday |   ・本 | - |

                      「文庫」 母に代わって、封じます
                      23:57
                      葉隠咲良が仕組んだ、人生最大の封縛師???

                         *

                       「武庫川右京は、とんでもないヤツでして;;;」
                       と陰陽頭も頭を悩ましております。

                       「呼び出しにも応じないとは、どういうつもりだ!!」

                       「さっさと、封縛の札を書かんか!!来たら来たで、悪戯ばかりしおって。」

                       「右京くん、ちゃんと仕事してきてくれたの??」


                       良い噂よりも、悪い噂が多いのが、武庫川右京。
                       術は最高なのに、格付けは庵。
                       絶佳庵の悩みも尽きぬ・・・

                         *

                      右京の母亡き後、22年振りに現れた右京の父をめぐっての騒動の終焉である。


                      続きを読む >>
                      0
                        | 2010.02.08 Monday |   ・本 | - |